忍者ブログ
哲学・思想の専門古書店「星林堂」店主の日々録
Admin  +   Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27fbde0d.JPG
写真右:大阪「チャルカ」の紅茶とチェコのお菓子「コラーチ」 写真左:チェコ製のカップとミルク入れ

昨年はサイトの立ち上げから古書の通販開始と新しいことの連続で、ヨタヨタしながら手探りで進むような状況でした。新しい年が始まり、今年こそじっくり本腰を入れて・・・と決意を新たにしたのもつかの間、やっぱり細事にとらわれヨタヨタオロオロ。気づけば早くも1月のなかば。ブログも半月以上更新できていないありさまで・・・いかんいかん!初詣で決意表明した意気込みはどこへいったと北野の天神様もさぞや呆れておられることでありましょう。今一度気を引き締めて、広大無辺な古書の海へと漕ぎ出さねば。

今年の目標は、まず哲学ジャンルの一層の充実。在庫の8割方がツレの専門領域であるドイツ関連で、フランスやアメリカ関連が品薄です。そこを補充したい。もう一つの目標は「絵本・児童書」のジャンルを独立させること。哲学・思想の専門古書店と謳っておきながら新着情報に絵本がズラリ!という状況は我ながら違和感がありました。哲学関係のお客様と絵本をお求めくださるお客様の双方に満足していただくためにも、区割りをはっきりさせたいと思っています。

暮れからアマゾンへの出品を始めました。激しい低価格競争に巻き込まれるのが怖くもあり、半年間は様子見だったのですが、試みに需要の多い実用書と絵本に限定して出品しています。出品するや否や注文が入り、アマゾン市場の大きさを痛感しているところです。
購入者側からすれば、出品数が多く、注文方法もシステマティックで、尚且つプライバシーにも配慮が行き届いている点、、アマゾン・サイトが使いやすいのも頷けます。が、売る方からすれば、壁を隔てて商売をしている感があり、やはりこれまでのように、星林堂サイトを訪問してくださったお客様とメールをやりとりしながら手渡しするつもりで本を売るほうがいいなぁと感じています。本が単なる取引の商品、「物」に変わってしまい、その価値を伝えられないような気がして・・・こんなことを言っていてはプロ失格でしょうか、、、。

さて、当ブログ恒例のスイーツ食べある記。写真左は大阪・北堀江にある「チャルカ」でいただいたチェコのお菓子「コラーチ」。お正月に関西に住む娘たちを訪ねた折、一緒に立ち寄りました。クッキーともスポンジとも違う食感で、甘ったるさはなく美味しかったです。写真右はその時に購入したチェコのティーカップ。素朴であたたかみのある色合いと懐かしい形に惹かれて、ミルク入れと一緒に購入しました。広口のカップは紅茶の色がきれいに映えます。
こういった雑貨もいつか扱ってみたいなぁと思いますが、これはまだずーっと先の夢のまた夢。いつか、いつか、と思いながら日々の雑事に追われているこの日常こそが楽しいのかもしれませんね。




PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack
トラックバックURL  :  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
星林堂
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アド
カウンター
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]